結論

宅配便の引越しのほうが業者に頼むよりも費用をかなり抑えられるということを説明してきました。しかし、中には宅配便での引越しが不向きな人もいます。宅配便で荷物を配送する場合、かなり高くついてしまうのが洗濯機や冷蔵庫、ベッド、ソファーといった大型家電です。このようなものが引越しの荷物に多い人は宅配便の引越しは不向きになります。

大型家電たとえば、宅配便の中に冷蔵庫を追加すると引越し業者に依頼するのとほとんど金額の差がなくなってしまう場合があります。そうなれば考え方にもよりますが、数千円を追加して引越し業者に梱包サービスやプロの引越し作業をお願いしたほうが、お得と考える方もいらっしゃるかもしれません。そのような方は引越し業者の学生パックや単身引越しサービスを利用したほうがいいでしょう。つまりは、大型家電・家具がどれだけあなたの引越し荷物に含まれているかというのがポイントになります。今一度、自分の引越し荷物の内容を確認して冷蔵庫などの大型家電や家具がどれくらいの割合を占めているのか確認してみましょう。

ところで、中には高い送料を払うよりは買ったほうが安い場合もあります。そのため、気に入ったものを購入してから、一人暮らしの新居に送ると結局高い買い物をしてしまったことになってしまいます。大型家電・家具などは引越し先で買うのもひとつの手です。

関連サイト→https://www.505555.jp/menu/single/
単身引越しプランがあるファミリー引越センターです。